40代野菜不足におすすめジュースとアトピー乾燥肌におすすめ化粧品ブログ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

現在中学校1年生の娘のニキビ。

おでこを中心に小学5年から「赤いにきび」ができ始めました。私も同じように赤いニキビが思春期の頃全開でした・・・

気持ちはわかるのでニキビをなんとか治してあげたいと「口コミで評判がいい洗顔料」などを使ってきましたが、全然効果がなく・・・

にきびが治らないのはそういう年頃だからとか、私の食事メニューが悪いのかと少々悩んでいました。

そんな時に・・・

先月「北の快適工房」さんの商品で、新しいニキビ予防ケア化粧品の実物をみる機会があり、めずらしいタイプの化粧品で興味があったので実際に娘のニキビケア用に購入してみました。

北の快適工房「みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)~クリアタイプ~」を実際に使って、中学生娘の「赤い思春期ニキビがどうなったのか?」をご紹介します!
 



 

ニキビができる原因や自分の肌タイプをチェック

ニキビや肌タイプで使用する化粧品が変わります。ご存知でしたか?
 
 
私は全然そういった知識がなかったので最近まで肌が乾燥するから「しっとりタイプ」とか肌が脂っぽいから「さっぱりタイプ」みたいな感覚で、自分の使用感で選び肌に合わないとコロコロ化粧品を変えていました。
 
 
なので娘にも私が以前使用していた化粧品を共用で使わせていたらニキビが悪化・・・ それは高保湿タイプの化粧水でした。
 
ニキビケアは洗顔にチカラを入れたらいいってもんじゃないってそこで初めて知りました。ダメですね親として女性として失格です。
 
 

肌のタイプによってニキビができやすい箇所や特徴があります。

Image 11

脂性肌・思春期肌タイプ(8~18歳頃)
Tゾーン(顔・鼻)にニキビができやすい。肌の油分が多い状態
 

    <特徴>
    ・顔のテカリが気になる
    ・毛穴が開いてる
    ・洗顔後、しばらくすると皮脂が出る。

 
 

    <原因>
    額のニキビ・・・皮脂の過剰分泌やシャンプー・洗顔料などのすすぎ残しの可能性あり
    頬のニキビ・・・ホルモンバランスの乱れや、ストレスなど

 
乾燥肌(大人タイプ)
フェイスラインのUゾーンにできやすいのが特徴。大人に多い。いわゆる大人ニキビです。

    <特徴>
    肌の表面がカサついている。
    粉が吹いたような状態になっている。
    洗顔後、全体的につっぱる感じがある。

 

    <原因>
    フェイスライン・・・食べ過ぎや偏食、頬づえをつくクセやストレスなど

 
 
大きく分けるとニキビができやすい2つの肌タイプですが、「みんなの肌潤糖(クリアタイプ)」はどちらの肌タイプでも使えるニキビ予防ケア化粧品です。

※みんなの肌潤糖~クリアタイプは洗い流しますが、洗顔料ではなくニキビケア用の「肌に潤いを届ける保湿ケア」商品です。
 
 
みんなの肌潤糖~クリアタイプ~(ニキビケア用)公式ショップはこちらから




 
 

にきびケア用品「みんなの肌潤糖~クリアタイプ~」の成分と特徴

 
みんなの肌潤糖~クリアタイプ~の<成分>

ビート糖、ココナッツオイル、ヘーゼルナッツ油、ブドウ種子油、ゴマ油、ヒマワリ油、サフラワー油、ビタミンE、ラベンダー油、ティートゥリー油、和ハッカ油、バニラオイル

 
<特徴>
 
みんなの肌潤糖~クリアタイプ~は、原料の80%が北海道の「ビート糖(てんさい糖)」、残り20%が肌を傷めないために周りにコーティングした植物性オイルでできています。とってもシンプルな原材料です。

他のお砂糖と比べて肌なじみの良い 「ビート糖(てん菜糖)」を一粒一粒、球状に整え、 肌を健やかに保つ植物性オイル(ラベンダー、ティートゥリー、ハッカ等)で 特殊コーティングしています。

オイルは肌へのクッション効果と、浸透を均等にさせる効果があります。 また、毛穴につまった皮脂汚れを植物性オイルが清潔にし、皮脂量のバランスを調整する効果があります。 (オイル自体は肌へ浸透せず、中のお砂糖だけが角質層まで浸透します。)
公式ショップより引用

 
 
最近、「肌の糖化」が乾燥やごわつきなどを促進・影響していると話題に上がっているので「ニキビケアに砂糖を使うのは大丈夫なの?」って思う方もいるはずです。

ビート糖(てんさい糖)は、
グラニュー糖や上白糖には含まれていないカリウムやカルシウムなどのミネラル、お腹の調子を整えるオリゴ糖が含まれており、健康に関心のある方に注目されています。スキンケア大学より引用

 
 
他のお砂糖とはまた違う特徴を持っていて、美容にも健康にもおすすめなのでご安心下さい。
 
 

中学生娘がニキビケアに「みんなの肌潤糖~クリアタイプ~」を試した様子

 
我が娘「Kちゃん」13歳、お肉・ポテチ・イモ類大好きなにきびっ子です。
 
「みんなの肌潤糖~クリアタイプ~」使用前の肌とニキビの様子

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

赤い膿をもったニキビが多く、肌もごわつきと脂っぽさを感じていました。部分的に乾燥もあり。

「みんなの肌潤糖~クリアタイプ~」使用2週間後の娘のニキビの様子

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

角度と照明に若干の差がありますが、全体的に赤いニキビが減り小さくなっています。肌質も潤いを持ちつつくすみが消え娘本人も「これ、いいね!」とみんなの肌潤糖~クリアタイプ~のニキビと肌への効果を実感しています。

私からみても「肌潤糖(はだじゅんとう)」を使い始めてから3日後くらいから、娘の肌質に変化が出てきたのがわかりました。ほっぺたの辺りが、潤ってピカピカしていました(脂ぎっているのとは違います)

みんなの肌潤糖~クリアタイプ~を使った後の娘からは、ハッカの香りと甘い香りが混ざっていい匂いが漂ってきます(*^^*)

この「みんなの肌潤糖~クリアタイプ~」は、肌の環境を整えることで、「ニキビができにくい肌づくり」をサポートする従来のニキビケア用品とは違った特徴をもつ、洗浄プラス「潤い貯水型」のニキビケア予防化粧品というのがうなずけました。
 
 
「みんなの肌潤糖~クリアタイプ~」のことをもっと詳しく知りたい場合はこちら⇒『みんなの肌潤糖【クリア】』

 
 

「みんなの肌潤糖~クリアタイプ~」をニキビケアに使用する時の注意点

 

商品を購入すると、間違ったニキビのお手入れをしないようにちゃんと「使い方BOOK」と「みんなの肌潤糖読本」がついてくるのでしっかり読んでお手入れすることがポイントです。
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
 

「みんなの肌潤糖~クリアタイプ~」はこのようなステップで使用します。

Image 12

 
 
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
このように見た目はお砂糖です。さわるとザラザラしていますので、使用法にもあるのですが附属のスプーン1杯分のお水を加えて少し粒感が残るペースト状にします。
 
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
 
ぬらした肌の上に、くるくると軽くマッサージするようにやさしくなじませます。体温と水分で粒感がなくなるまで溶かして肌になじませていくのがポイントです。
 
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
 
粒感がなくなったら、1~2分程度置いて角質層まで潤いを浸透させます。
このあとに、ぬるま湯でさっと洗い流します。
 
 
最後に、化粧水・乳液などで肌を整えます。

使用法については詳しくは、商品添付の「使い方BOOK」にわかりやすく紹介されています。
 



 

「みんなの肌潤糖~クリアタイプ~」を使った感想・まとめ

 
娘のニキビの状態を見てわかるように、正しい使い方をし継続すればちゃんと効果が出てきます。なので、我が家は継続決定です。顔の思春期ニキビや大人ニキビだけでなく、背中のニキビにも使えます。
 
 
今回購入したのは、単品のお徳用パック100g 3000円(税別・送料別)ですが、最初は少量で試したい方用に、お試し用サイズ35g 1200円(税別)もあります。
 
 
定期コースもあり、肌潤糖~クリアタイプ~を入れる詰め替え用ボトル(通常価格350円)がおまけでつきます。
 
実際に、肌潤糖を使ってみて思ったのが「保管用の専用ボトルはあったほうがいい」ということ。
 

 

なぜ必要かというとジッパーはついているので通常保管はできますが、中味を出しているうちに砂糖が袋の入口付近についてしまいジッパーがしっかりと閉めにくくなり、ちゃんと閉めないと肌潤糖が固まってペースト状にしずらくなります。

中学生の子供が使うならやっぱり肌潤糖用の「保管用の専用ボトルはあったほうがいい」と感じているところです。
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
あとは、初めての方でも安心して使用できるように商品に満足できない場合は、「商品が到着して25日以内」であれば商品を全部使い切ったあとでも1個分の商品代金を全額返金してもらえる「全額返金保証」があります。
 
 
色々ニキビケア化粧品を試しているけどなかなか効果を感じられない方、今お使いの化粧品の使い方がちゃんと合っているか自分の肌タイプに合ったものを使っているか確認して、それでもダメなら「肌潤糖~クリアタイプ~」を使ってみてはいかがでしょうか。
 
 
ニキビが思うように改善しない方へ⇒肌潤糖~クリアタイプ~取り扱い公式ショップ「北の快適工房」はこちら

ランキングに参加中です(^^♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.