40代野菜不足におすすめジュースとアトピー乾燥肌におすすめ化粧品ブログ

6年間使用したランドセルを海外に寄付やリメイクして処分する前にチェック!ものによっては買取もしてもらえるかも

小学校で6年間使用したランドセル、たくさん思い出も詰まっているから手元に置いておきたいところですが・・・

でも、部屋にあるとかなり邪魔で場所を取ります。広い部屋がたくさんあるおうちなら問題ないかと思いますが(;^_^A

で、年末に向けて部屋の断捨離を始めたのですが思い出の品のランドセルの処分をどうしようかと迷ってみなさんが使わなくなったランドセルをどうしているのかネットで検索をしてみました。

卒業後の不要になったランドセルの行方はこんな感じ

  • 海外へ寄付する
  • リメイク(小物にしたり再利用)
  • 捨てる
  • フリマやオークションなどに出品する

やっぱり、手元に残したいけどランドセルは普段使いできるバッグの替わりにはさすがになりにくいですよね~

なので私のように卒業後のランドセルの処分(捨てるか、残しておくか)に悩んでいるご家庭もたくさんあるようです。

要らなくなったランドセルをリメイクする方法

ランドセルのリメイクってどうするの?と調べてみたところ、こんなサービスがありました。

楽天市場でランドセルをリメイクして小さくミニチュアにして手元に残しておくサービス

でも、お金がかかりますね。

>>ランドセル リメイク♪長財布のスペシャル5点セット〜卒業記念・卒業祝い〜

これはなかなかいいかも。これから使いそうなものに思い出のランドセルをリメイクしてもらえるサービスはいですね。

高いブランドのランドセルの皮はしっかりしているし、捨てるのはもったいないですからね(^^♪

楽天市場にランドセルのリメイクショップがありますので、気になるかたはこちらから詳細を確認どうぞ!

海外に使わないランドセルを寄付する方法もあり

ワールドギフト(World Gift)

運営団体:国際社会支援推進会

ランドセルの他にもこのようなものも回収していますよ。

回収する段ボールの大きさで変わりますが引取り料金は2400円(自腹)から海外支援として不用品を寄付することができますよ。

ブランド品の買取と一緒ならランドセルを無料で引き取ってくれるブランディア

>>利用者数【150万人】突破!!宅配買取ブランディア

不要になった自宅にあるブランド品を買取してもらう時に一緒に不要のランドセルも一緒に引き取ってもらって、海外に寄付する活動をブランディアでは行っていますが、受付期間が設けてありますので出される方は、要確認です。

>>衣替え応援!使わなくなったバッグは、ブランディアでおこずかいに♪

ランドセルを捨てる方法は自治体によって有料になります

使わなくなったランドセルを捨てる場合も、住んでいる自治体によって処分方法が異なります。

私の住んでいる市町村では、燃やせるゴミとしてランドセルは処分することができます。

ただし、燃やせるゴミ袋は有料でランドセルが入る大きさの袋は1枚数百円かかります。

結局、無料では処分はできないってことですね(´;ω;`)

ランドセルを処分する前に買取査定も可能!

まだまだ使える状態のランドセルをお金をかけて処分するのが、なぜか納得できない私。これが捨てられない女の悪い癖です(笑)

ただ、我が家のランドセルは6年以上前のものだし、わりときれいな状態ですが知り合いに譲るほどではなく・・・あげる方が迷惑な話になるのでどこかにランドセルを買取してくれる業者さんないかな~と探してみました。

でも、うちのランドセルは

・保証書は処分したのでなし
・ランドセルを購入した時の箱なし
・付属品なし

このようにランドセル本体のみしかありません。

でも、我が家のランドセルは一応はブランド品で「セイバンの天使のはねシリーズ」購入時には5万ほどしました。

で、ランドセルの買取査定をしてくれそうな業者さんがあったのでメールで問い合わせをしてみたところ・・・

というような回答をいただきました(^O^)/

そのメールのランドセルを買取査定をしてくれると返事をくれた業者さんはこちら↓

>>送料0円の高価買取 BUY王(バイキング)



ということで、年末までにはランドセルをどの方法で処分をするか決めてすっきりしたいなぁと思います。

同じようにランドセルの処分に迷っている方の参考になればうれしいです(^^♪

他にも断捨離関連のこちらの記事がよく読まれています。

ランキングに参加中です(^^♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.