40代の気になる健康、美容、生活情報発信ブログ
Pocket

スポンサーリンク

坂上忍さんがCM中バイセル(旧スピード買取.jp)で着物買取の出張査定を依頼してみた体験談

みきべえ

こちらの記事で紹介しているバイセル(スピード買取.JP)の着物買取査定の体験談は実際に目の前で出張査定をしてもらった様子を記録しています。

先日、60代の実家の母からそろそろ家のものを断捨離していきたいと相談がありました。

まだ元気なのですが、カラダが動くうちに使わないものを処分したいとのこと。

私からみたらすっきりした家の中なのですが、母はもう着ない「着物」の処分を考えていました。終活ですかね。

そこで、ネットで口コミや評判が良くて、神奈川県の端っこの実家まで直接来てくれる出張買取を全国対応してくれる着物買取会社を探しました。

で、候補に挙がったのが「バイセル(旧着物買取のスピード買取.jp)

ネットでは評判はいいけど、一部では「押し買いされた・・・」などネガティブな口コミもあるのも本当。

でも本当にバイセル(スピード買取.jp)で着物の出張査定してもらった人の口コミなのかは怪しいですよね。

これから着物を処分するのに引取り買取してもらいたいと検討中の人、バイセル着物出張査定の体験談を探している人に読んで欲しいガチのバイセル(スピード買取.jp)で着物買取の出張査定を体験したレビューを紹介しますね。

バイセル(スピード買取.jp)に出張査定を依頼するまえに出張査定のデメリットとメリットをcheck!

押買(おしかい/おしがい)とは、なんらかの品を、強引に法外な安値で持ち去ることを指します。

なので最近は自宅には訪問せずに買取査定できる宅配(郵送)査定持ち込み査定の着物買取会社も多いです。

母が自宅に「いらないものありませんか~」という電話がよくかかってくると話していて、年寄り相手にうまいこと言ってものをだまし取ろうとしてると怒っていました(-_-;)

そういう業者は怪しいので、本当に不要なものを引き取って欲しいときだけ、話を聞けばいいです。

着物買取業者があるのは知っているけど「だまされたり、安く買取されたり、ほかに高いものを買わされたり」しないかと疑心暗鬼の母。

家に呼ぶのが心配な人は、チェックしてみてください。

着物買取の業者を家に呼ぶ出張査定依頼するデメリットや不安な点は?

  • 知らない人を家に入れる不安感
  • 売るつもりのないものまで買取されないか心配
  • 家が散らかっていたり、家族が在宅で無理

でも、着物買取の出張査定にもメリットもあります。

  • 着物を持ち運んだり、段ボールに入れて発送する手間がない
  • すぐに着物を手放したい
  • 買取成立しなくても、キャンセルしても手数料は一切不要(完全無料)
  • 目の前で査定してもらえば着物が雑に扱われていないか確認できる

スピード買取.jpの特長は

日本全国へ出張査定の対応可能
当日査定依頼でも訪問可能(最短30分で訪問実績あり)
目の前で買取成立しても「クーリングオフ8日間」あり
その場で即金払い対応
着物買取が成立しなくても、出張料はかからず完全手数料無料

ということで、家に来てもらうのに抵抗がない人はわざわざ段ボールに詰めて着物を送る宅配査定を依頼したり、持ち込み査定をお願いする必要がないです。

着物は洋服とは違い繊細なので、たたみ方や保管状態には気を使います。

段ボールに入れてしわしわになったり輸送中に段ボールがボコボコになって着物がぐちゃぐちゃになっても困りますよね・・・

あとは、目の前で一緒に着物の状態を確認しながら着物を査定してもらうのは売る側としては安心だし、興味深いです。

まずはバイセルに無料相談をしてみる

バイセル(スピード買取.jp)に出張査定を依頼する方法

バイセルに出張査定する方法は、WEBのお問い合わせフォームから無料相談申し込みかコールセンターへ連絡する方法があります。

私は、バイセルのホームページのお問い合わせフォームから申し込みをしました。

その後15分くらい経ってからバイセル(スピード買取.jp)のコールセンターから連絡が入りました。

コールセンターの担当者からこのような聞き取りがありました。

  • 査定依頼したい着物は何点あるか?
  • 着物の種類は?
  • 他に何か査定希望のものはあるか?
  • 何を見て今回査定依頼をしたのか?
  • 査定当日に用意しておくもの

基本情報はお問い合わせフォームに入力したので、電話では入力した情報の確認だけでした。

当日対応(当日出張査定)も可能ですと言われましたが、都合が合わなかったので3日後に実家に来てもらうことにしました。

会話の途中、色々質問したので少し時間がかかりましたが連絡をもらってから通話が終わるまで約18分ほどでした。

コールセンターの方はテキパキ、必要事項や流れを説明してくれて、こちらの質問にもすぐ回答してくれて感じが良かったです。
(派遣やアルバイトスタッフではなく、バイセル(スピード買取.jp)の社員さんが対応されているとのことで納得です)

着物の種類を聞かれますが、わかる範囲で答えればOKです。

当日用意しておくものは、買取が成立した時に本人確認書類が必要になるため、免許証や保険証などです。

※申し込みが夜遅い場合は、連絡が翌日になることもあります。

バイセルお問い合わせフォームはこちらから

バイセル(スピード買取.jp)の査定員さんが着物買取の出張査定に来た

着物買取の出張査定当日に、フリーダイヤルから1回と出張査定に来てくれる担当の方からあと数分で到着しますの連絡がありました。

迷わずほぼ時間通り来てくれました。

私の実家は小田原市で初めての人にはわかりにくい場所にありますが、迷わず到着しました。さすがです。

特にお茶などの用意はしなくてもいい感じで、次にも予定が入っているようで到着してからすぐに着物査定に取り掛かってくれました。

1点1点着物の状態を確認しながら査定しています。

母の訪問着、嫁入りの時に祖母から送られたものらしいですがほとんど着ずこんな状態・・・

付け下げも状態はいいのですが色が黒なのであまり需要がないようで値段はつきません。

喪服なども、中古で購入する人はほぼいないので査定額がつけにくいみたいですよ。

帯は織り方で値段が変わるそうで、西陣織などの帯は査定額が上がるとのことです。

着物はブランド品よりも有名な作家さんの着物の方が査定金額が高くそうなので、古くても作家さんの着物を持っている方は処分する前に査定してもらった方がいいですね。

私の振袖は20年以上前のものでノーブランドですが、しみなどもなく保管状態は良いです。

この振袖を帯と肌襦袢の3点セットで査定をしてもらいました。

ノーブランドの着物でも保管状態がよいものであれば査定額に期待できるかもしれません。
リサイクルショップで引取りを断られた状態の悪い着物でも、バイセルでは査定してくれるので処分する前に相談してみるのもいいですね。

バイセルにWEBで無料査定を依頼する

バイセルで振袖を査定してもらった結果

バイセル(スピード買取.jp)で20年以上前の振袖を査定してもらった結果は・・・

16000円でした(;´Д`)

もう少しいい査定額がつくかなと期待しましたが、ノーブランドだし20年以上前の振袖だしこのような結果ですね。

着ないものならこのまま買取してもらっても良かったのですが、16000円ではこの状態の振袖はレンタルも購入もできないし、私の娘2人が成人式まであと数年なので手元に残しておくと母が判断して売却はしませんでした。

振袖のレンタルは10万円以上はしますよね。

このようにタンスの肥やしになっている着物の査定金額を知ることで、処分するか手元に残すかの判断をつけやすいのではないでしょうか。

私の振袖を査定している時に、バイセルでの着物の在庫状況を持参したタブレットで調べてから査定額を出していました。

赤い振袖は在庫が少なかったのか買取したそうな雰囲気はありましたね。

その年の流行の色や定番の色の振袖や着物だったらニーズがあるので、査定額は上がりそうです。

私の場合は20年以上前の振袖ですが、30年前でも40年前の着物も珍しい柄や作家物、保存状態のいい良質な中古着物を必要としている人が多く需要があるそうです。

なので、どこのリサイクルショップ、買取ショップでもいいので着物を処分する前に査定金額はチェックした方が賢い手放し方だと思います。

バイセルにWEBから無料査定を申し込む

着物買取の出張査定のついでにバイセルにアクセサリーも査定、買取してもらった様子

結局、振袖と着物の売却は成立しませんでしたが、出張査定に来てもらったついでに母のアクセサリー類を鑑定してもらいましたよ。

見せてくれと言われたのではなく、処分してもいいものがあり興味があったのでこちらから見て欲しいとお願いしました。

これは鑑定書がなかったのですがバイセルさんに鑑定、査定してもらったら一応本物のダイヤでした。

この中から、白金のネックレスを8000円で買取してもらいました。

目の前で重さを計ってその日の相場で計算してくれて、母も納得しての売却です。

うちの母は損はしたくない人なので、出張査定の前に地元の買取業者に持ち込んでアクセサリー類を査定してもらってきたそうです。
60代ですが、その辺はしっかりしています。

地元の買取ショップでも同じような査定金額だったので、バイセル(スピード買取.jp)は、だましたり、押し買いする業者さんではないと判断して売買契約をしました。

押し買いや二束三文の査定額をつけるなどの、悪い口コミは昔のものなのかもしれません。

バイセルは、着物や貴金属の他にも、切手、古銭、毛皮、時計なども査定、買取対応していますので処分したいものあるなら着物と一緒に出張査定してもらえます。

バイセル(スピード買取.jp)で着物買取を出張査定をしてみた体験談まとめ

バイセル(スピード買取.jp)の押し買いや評判、口コミは本当だったか?

押し買いはないです。今は訪問買取も規制があり、無理に買い取ったりは出来ないようになっています。

バイセル(スピード買取.jp)では、訪問出張買取した場合には「クーリングオフ」が設けてあり売主が気が変わってやっぱり売りたくないとなった時には、買取した商品を返品できるように8日間の猶予があります。

買取契約が成立したあとも、バイセル独自の取り組みでバイセルの本社より取引が十分なものだったか確認の電話があります

バイセルは、買取成立後のアフターフォローの体制もしっかりしている会社でした。

二束三文で査定金額をつけるか?

着物については、ちゃんと現在の流通事情や着物のニーズなども私たちにしっかり説明しながら査定をしてくました。

なので自分たちの着物の価値は・・・値段が付かないものばかりだったということも理解しました。

今回バイセル(スピード買取.jp)に、着物とアクセサリー類の出張買取査定をしてもらいましたが、対応もよく知識がない人間をだまして安く買取しようとか、無理に買取しようとかそんなそぶりは全然ありませんでした

着物の鑑定中も次の訪問予約が入ったようで利用する人が多いみたいですね。坂上忍さんのCM効果なのでしょうかね。

バイセル(スピード買取)で着物査定を依頼したデメリット

実際にスピード買取で不要な着物を買取査定をしてもらい、その際に感じたデメリットは

管理人

スピード買取に実際に着物買取の酋長査定を依頼して感じたデメリットは・・・

特に思い当たるデメリットはありませんでした(^^♪

査定員の方も誠実そうなお兄さんでしたし、こちらが知りたいことに対して丁寧にわかりやすく説明してくれる対応にすごく好感が持てました。

以前、他の業者に子供の古着を段ボールに入れて宅配の買取査定に出した経験もあります。

査定依頼した衣類が買取値段だけが結果としてメールで来きたので、どのように査定をされたのかがわかりずらくもしかしてだまされているのでは?と

不信感を覚えることもありました。

着物は購入時の値段が高額なものが多いので、出来たら目の前でしっかりと査定をしてもらったほうが気分的に納得がいくと思いました。

約束の時間にも遅れることはありませんでしたし、大手買取業者さんなのでコンプライアンスや顧客対応はしっかりしています。

大事な着物を手放すならスピード買取は安心して任せられる着物の買取業者だと感じました。

もしどこの業者に着物買い取り査定を依頼するか迷っているなら、バイセル(スピード買取)に依頼してみるのもありかと思います。

実家の断捨離や引っ越しで着物などの処分を検討中の方に、着物買い取り査定の体験談が参考になればうれしいです。

着物無料査定を依頼する

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

スポンサーリンク