40代野菜不足におすすめジュースとアトピー乾燥肌におすすめ化粧品ブログ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このグリーンスムージーは、小松菜、バナナ、キウイ、プチトマトとお水で作っています。
 
 
この緑色をした感じ・・・野菜嫌いの人にはちょっと寒気がするかもしれませんね(汗)
 
 

私も野菜は苦手でグリーンスムージーなんて「飲めなるわけないっ」って思っていましたが(笑)
 
 
でも今は飲んでみてカラダに良い変化感じたので続けられています。
 
 

グリーンスムージーを飲んでみたいけど味が無理かもしれない人へ

私が作るお手製グリーンスムージーは生の野菜と果物のジュースです。子供にも飲ませたいので、果物の割合とか水を牛乳に変えてみたり色々試しましたが、野菜嫌いの上ににおいもヤダと言って飲んでくれません(泣)
 
 
日頃緑色の野菜は摂らない子供の野菜不足が心配な私としてはなんとか料理に使って食べさせているのですが、それでもなかなか野菜不足は補えないところです。
 
 
そこで、色々調べて今は市販のグリーンスムージーが売っているのでそれなら飲んでくれそうだ!と思ったのがきっかけもあり
 
 
こちらのやずやの【ずぼらさんの酵素グリーンスムージー】を購入したのでした。
 
 
やずやの【ずぼらさんの酵素グリーンスムージー】は野菜臭くなく、苦くもなく野菜が苦手な人でも飲みやすいグリーンスムージーなので、野菜不足や健康維持のために何か探しているかたにはとってもおすすめな商品です!
 
 
yazuya-kouso

やずやの【ずぼらさんの酵素グリーンスムージー】レビューはこちら
 
 
毎日やずやの【ずぼらさんの酵素グリーンスムージー】は飲んでくれているのですが・・・最初牛乳で割って飲んでいたため、体重増加と便秘気味なのが気になってしまいました(汗)
 
 
それから牛乳とダイエットや便秘の関係を調べ・・・

 
 
なんと!やっぱり体重増加と便秘に牛乳が深く関係をしていると発見してしまいました。
 
 

グリーンスムージーに牛乳は控えた方がいい?

 
 
子供の頃から給食や家庭で牛乳を飲むように出された経験はあると思います。牛乳神話ってやつですね~
 
 
「大きくなりたかった牛乳を飲みなさい」とか

 
 
貧乳な私は・・・よく言われことがこれ「牛乳を飲まないから胸が小さいんだよっ」
 
 
余計なお世話な一言をよく親や親戚のおばさんに言われて育ちました(笑)
 
 
牛乳は苦手でも身長は162センチありますけど

 
 
で、牛乳にはグラスなどが飲み終わったあとに白く膜っぽいものがつきますがあれが、腸壁でも同じ現象がおきてバリアをつくっているそうです。
 
 
牛乳を摂取することで、必要な栄養素の吸収が悪くなりエネルギー代謝も悪くなり消費カロリーが減り脂肪を蓄えやすい体になってしまうのです
 
 
中高年になると骨粗しょう症が心配ですが、骨はタンパク質が主で出来ています。
 
 
タンパク質とカルシウムとビタミンDの3つが揃って骨の素になるので、牛乳ばかり摂っても意味はないそうです。

 
 
なので、うちの子供がやずやの【ずぼらさんの酵素グリーンスムージー】を牛乳で飲んでいた時は、体重増加と便秘気味だったのかと納得です。
 
 
グリーンスムージーに牛乳は体重が増える?←こちらの記事でも触れています。
 
 

健康のためなら、グリーンスムージーに牛乳はやめた方がいい?

もしグリーンスムージーを飲んで痩せたいとかダイエットを目的にしているのであれば、牛乳でのグリーンスムージー摂取はおすすめしません!
 
 
健康維持のためや野菜不足を補う目的ならば飲みやすくするために牛乳で飲むことはありだと思います。

 
 
ですが、一番いいのはグリーンスムージーは質のよいお水か豆乳で飲んだ方がカラダにはいいです。

 
あとお水にこだわるなら・・・

日本のグリーンスムージーの第一人者の山口蝶子さんや仲里園子さんも愛飲しているミネラルウォーター「フィジーウォーター」がおすすめです!
 
 



 
 
豆乳は、植物性で日本人の食生活に古くからなじんでいるため、女性には特におすすめです

 
 
女性のホルモンバランスを整える、抗酸化成分ですし、美肌にもいいですよ。
 
 
牛乳たっぷりの飲み物が好きな人はぽっちゃりさんになってしまう可能性もあるので、水か豆乳で飲んでグリーンスムージーを飲んでみてて下さいね~
 
 


ランキングに参加中です(^^♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.